諸星矯正歯科自由が丘
電話する
WEB予約

Minor Tooth Movement

部分矯正|諸星矯正歯科自由が丘|自由が丘駅徒歩2分の矯正歯科

Minor Tooth Movement

部分矯正

部分矯正:部分的な矯正

部分矯正:部分的な矯正

通常の矯正治療は歯列全体を動かして歯並びや咬み合わせを治療するのに対して前歯だけ、奥歯だけなど、気になる部分のみを重点的に治療する方法です。
全顎矯正と比較して短期間かつ低価格で治療を行うことができます。
ただし歯並びと咬み合わせは相互的に関係しているので部分矯正で歯並びを完全に治しきることはできません。部分矯正でもある程度歯並びが改善されることもありますが、場合によっては部分矯正がおすすめできないケースもあります。部分矯正の適応状況は実際に診査した上でご相談させていただいております。

部分矯正のメカニズム

部分矯正はMTM(Minor Tooth Movement)と呼ばれ、他の歯科治療(インプラントや虫歯、歯周病治療など)を行うための前処置(下準備)として行うことがよくあります。

歯列の状態 部分矯正でできること
欠損部にインプラントを入れたいが、スペースが足りない 周りの歯を動かしてスペースを作る
歯の欠損部にブリッジ(歯と歯の間の橋渡しとなる被せ物)をしたいが柱となる歯が倒れ込んでしまっている 倒れている歯を起こす(アップライト)
歯茎の中まで深い虫歯があり、綺麗に削りとることができない 歯を上に引っ張って挺出させ、歯茎の中に隠れている虫歯部分を露出させる
前歯にセラミックの綺麗な被せ物(クラウン)をしたいが歯茎の位置が不揃いな状態も治したい 前歯の挺出と圧下により前歯の垂直的な位置を調整する

部分矯正のメリット・デメリット

部分矯正のメリット

  • 気になる部分のみ治療できる
  • 通常の矯正に比べて治療期間が短い・費用が安い
  • 後戻りしてしまった部分の歯のみを調整できる

部分矯正のデメリット

  • 部分矯正ではできない場合がある
  • 歯並び、咬み合わせをトータルで治療できないため全体矯正に比べて仕上がりが劣る場合がある(歯列全体にアプローチできないので、特にスペースの問題(歯の重なりや突出)の改善に限界があります。)
  • 全体矯正に比べ矯正装置のコントロールが難しい場合がある(局所的に矯正力をかけるとその反作用を抑えるのが難しいことがあります。)
    例:目的としてない周囲の歯も動いてしまう

部分矯正の治療期間

全体矯正がおよそ2年程度かかることが多いのに対し、通常6ヶ月~1年で治療が終わります。

部分矯正にかかる費用

初診矯正相談の際にもお伝えさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

このようなお悩みの方はご相談ください

初診矯正相談・
お問い合わせはこちら