諸星矯正歯科自由が丘
電話する
WEB予約

Mouthpiece

マウスピース矯正|諸星矯正歯科自由が丘|自由が丘駅徒歩2分の矯正歯科

Mouthpiece

マウスピース矯正

マウスピース矯正(別名:アライナー)

透明の薄いプラスチック製マウスピースを用いる方法です。当院では世界シェアを誇るインビザラインを採用しております。
取り外しができることが長所ですが、1日20時間の装着が目標となります。
現在、症例の適用範囲も広がりましたが、ワイヤーに比べると素材的な問題から治りにくいケースもあるので、部分的にワイヤー装置にて補助する方法も提案させていただく場合がございます。

インビザラインとは

インビザラインとは

3Dモデルを応用して製作する薄くて透明なマウスピース型の矯正装置です。
1997年にアメリカのアライン・テクノロジー社によって開発され、これまでに全世界で400万人を超える人が治療を受けています。

こんなお悩みはありませんか?

当院は以下のようなお悩みを持つ方へマウスピース矯正をおすすめしております。(歯並びの状態などによってはお勧めできない場合もあります。)

  • 矯正装置が目立つのは嫌だ
  • 固定式の矯正装置が嫌だ
  • ワイヤー矯正は痛そうで怖い
  • コンタクトスポーツに取り組んでいる
  • 発音や味覚が重要な職業をしている
  • 歯並びを治すためならしっかりと使う自信がある

マウスピース矯正のメリット・デメリット

マウスピース矯正のメリット

  • 目立ちにくい

    装置が透明なため、見た目を気にせず矯正治療を受けることができます。

  • 痛みが少ない

    個人差はありますが、歯が動く際に発現する痛みは少ないとおっしゃる方が多いです。ワイヤー矯正と比べると装置の接触による口内炎などにもなりづらいと考えられます。

  • 取り外しができて衛生的

    食事や歯ブラシの際に外すことができます。

  • 矯正装置が外れたりするトラブルが少ない

    装置の脱落リスクがありません。(ただしアタッチメントの脱落の可能性はあります)

  • 金属アレルギーの方でも治療できる

    金属アレルギーで治療ができなかった方でも治療することができます。

  • 通院回数が少ない

    通常のワイヤー矯正が1ヶ月に1回ですが、治療の中盤以降は2ヶ月に1回程度の通院で治療できます。

マウスピース矯正のデメリット

  • 装着時間を自分で管理する必要がある
  • 適応ができない(治りにくい)症状がある
  • 紛失する可能性がある

当院のマウスピース矯正のこだわり

i-Tero(口腔内3Dスキャナー)の導入

i-Tero(口腔内3Dスキャナー)の導入

i-Teroを導入することで以下のようなメリットがあります。

  • 従来の型採りの気持ち悪さが軽減される
  • 歯型を取る時間の短縮
  • 精密でより正確な歯型を取ることができる
  • デジタルデータなので移送が早い
  • デジタルデータなので劣化しない
アタッチメント

アタッチメント

アタッチメントとは歯の表面につける樹脂でできた歯と同じ色の小さな突起のことです。インビザラインでは独自のデータに基づき、「最適アタッチメント」というものを開発しており、大きさ、形状、位置を改良し理想の矯正力がかかるよう研究されています。これがインビザラインの強みであるといえます。

マウスピース矯正の治療の流れ

  • 歯列の3Dスキャニング

  • マウスピース作製

    およそ1ヶ月(ドクターが3Dソフトで設計、承認→製造)

  • 当院へマウスピースが到着

    このように上下ワンセットが1つの袋にパッキングされた状態で何十個ものマウスピースが届きます。
    治療完了までのマウスピースの必要枚数は症状により異なります。

    当院へマウスピースが到着
  • 治療開始

マウスピース矯正が難しいケース

マウスピース矯正をご検討されている方にはマウスピースの素材的特性から治りにくいケースをご説明しております。
場合によっては部分的(補助的)にワイヤーを用いて治療を行うプランも提示させていただくことがございます。

マウスピース矯正の費用

当院ではマウスピース矯正と表側ワイヤー矯正は同じ費用となります。
初診矯正相談の際にもお伝えさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

このようなお悩みの方はご相談ください

初診矯正相談・
お問い合わせはこちら